失敗しない!家の外壁塗装リフォーム業者の選び方|現役営業が徹底解説!

はじめまして。現役リフォーム営業「壁野 陽平(かべの ようへい)」といいます!

外壁塗装で失敗したくないけど、選び方がわからない

そんなあなたに、このブログでは失敗しない外壁塗装リフォーム業者の選び方を、何処よりもわかりやすく解説!

塗装業者選びは非常に重要で、業者選びを間違えるとほぼ100%失敗します。

  • 300万かけて外壁塗装したのに、2年ぐらいで塗装がはげてきた!
  • 外壁塗装したのに、思った色にならずに家に帰るたびに気分が暗くなる。
  • 塗ってほしかったところが塗られていなくて、不満が残った

外壁塗装リフォームは、最も施工不良が多くトラブルも多いリフォームです。

塗装後すぐに劣化しても、塗装業者に対応してもらえなくて

裁判沙汰になっている!なんてこともあります。

でも、大丈夫です!

このブログでは、失敗しない外壁塗装業者の選び方をわかりやすく伝えます。

ポイントを押さえて業者選びをすれば、お値打ちで満足できる外壁塗装ができる!

私は東証一部上場企業で、現役で管理職とリフォーム営業を7年以上おこなっております。

現場での経験、施工業者や塗料メーカーとのつながり。

外壁塗装やリフォームに関する書籍を10冊以上読んで、いろいろな見解を理解し解説します。

そして、私も築11年の家に住んでおり、あなたと一緒で真剣に外壁塗装を検討しています。

プロフィール(壁野 陽平)

詳細なプロフィールと、ブログのコンセプトはコチラ → プロフィール

現役でリフォーム業界にかかわっている私が『外壁塗装をする理由から、適切な塗装業者の選び方まで』をわかりやすく解説します。

 

外壁塗装を考えている方が思う、疑問や不安。

  • 塗装するべきなのかわからない
  • できるだけ安くしたい
  • トラブルを防止したい
  • 安心できるところに頼みたい
  • 見積もりの比べ方がわからない

こんな悩みを「すべて」このブログで解決します!

結論を先にいうと、失敗しない外壁塗装をするためには次の2つです。

  1. あなたの家と、あなたの要望を明確にする。
  2. 要望に対応できる業者を選ぶ
それが、難しいんです。

そんなあなたに詳しくわかりやすく、順を追って説明していきます。

おまかせ下さい。

 

細かい説明はいいからすぐ塗装業者を選びたい!そんな人は、下のボタンから『塗装業者に見積もり依頼』までジャンプします。

見積もり依頼の項目までジャンプ!

 

【ステップ0】家の外壁塗装は
業者選び重要!

外壁塗装は他のリフォーム以上に、業者選びが重要です。

いくらよい塗料を選んでも、説明書通りに塗装をしないと塗料の効果は得られない。

塗料の問題だけでなく、壁の汚れをとり塗装がしやすい状態を作る『下地処理』がおろそかになると塗装はすぐに剥げてきます。

それらの、問題が起こるかは選んだ塗装業者しだい!

 

家の外壁塗装は、もっとも手抜きしやすいリフォーム?!

外壁塗装はお風呂やキッチン、トイレなど水回り系や間取り替えなどのリノベーションと比べても手抜きしやすいリフォームです。

なんで?手抜き工事になってしまうの?
理由はいくつもあります。
  • 適切な外壁塗装がわかりにくい
  • 工事の期間が長いので、確認しにくい
  • 手抜きをしてもすぐ症状がでない
  • 職人の技術不足
  • 費用不足で適切な塗装ができない

一番大きな理由として、手抜きの外壁塗装をしてもすぐに症状がでないことです。

多くの『施工不良』や『手抜き工事』で症状がでるのは早くても1年、長くても3年ぐらいたってから症状が出てきます。

 

工程を飛ばして塗装する』『塗料の使用量を無視して塗装する』など手抜きの方法は色々あります。

 

外壁塗装は手を抜かれても、すぐ症状がでない!

期待耐久年が20年の塗料を塗ったのに、1年〜3年で劣化が出てしまったら最悪です。

 

症状が出てから、塗装を頼んだ業者に相談しようとしてもその会社は倒産していた。

そんなことも多いです。

  • 悪意があって、手抜き工事をしている業者
  • 気の緩みから手抜きになっている業者
  • 知識や経験不足で施工不良になっている業者

そんな施工をしている塗装業者は、長く続かない。

手抜き工事をしている塗装業者が、数年で倒産する可能性は高い!

手抜き工事は長続きしない

 

紛争センターへの外壁塗装の問い合わせは多い

不具合事象と主な不具合部位リフォーム不具合、主な不具合部位

出典:公的財団法人リフォーム紛争センター

上記のデーターは、公的財団法人リフォーム紛争センターに相談の内容です。

『当該事象が多く見られる部位』外壁・屋根が入っている件数

3136件:全体の83.14%

 

リフォーム全体の紛争センターですから、お風呂やキッチン・トイレなどの水回りの相談もありますが

圧倒的に、塗装の相談件数が多いです。

 

外壁塗装後に不満があったり、トラブルが起こってもいきなり「紛争センターに電話だ!」とはならないと思います。

 

まずは、塗装をしてもらった塗装業者に相談するでしょう。

ですが

  • 塗装業者が倒産している。
  • 相談に対応してくれない。
  • 電話がつながらない

その場合に、仕方なく紛争センターに相談するのではないでしょうか?

その紛争センターに外壁塗装のトラブルが多いのは、施工後に倒産したり、まともな対応してくれないことが多いから

誰でも、外壁塗装でトラブルが起こる可能性はある。

 

外壁塗装はトラブルが多い!だからこそ、知ることが必要

外壁塗装で『トラブル』や『施工不良』『手抜き工事』をさけたい

 

ならば、どうすればトラブルを防ぐことができるのか?

どうすれば手抜き工事をしない、塗装業者を選ぶことができるのか?

  • トラブル
  • 手抜き工事
  • 施工不良

これらを避ける力は『知ること』です。

 

失敗しない外壁塗装ができるのは

  • 知識がまったくない、素人の人と
  • 最低限の知識を得て、複数の業者を比べている人

最低限でも、知識がある人ではないでしょうか?

 

でも、外壁塗装の勉強なんて大変

そう思われるのは当然です。

ここだけは知っておいてほしい内容を、わかりやすくまとめています。

この記事を最後まで読んでもらえれば、あなたが外壁塗装でトラブルにあう可能性はグッと下がります!

失敗しない外壁塗装の為に、最低限の知識を得よう!

 

【ステップ1】あなたの家の外壁塗装する
タイミングを把握しよう。

外壁のメンテナンスは必ず必要です。

外壁は雨や風、日差しなど家を守っています。

24時間365日影響を受けて劣化をしていきます。

メンテナンスが必要なのは、どの外壁材でも一緒です。

 

メンテナンスの時期は

  • 外壁材の種類
  • 塗ってある塗料の種類
  • 家の建っている環境

それぞれの違いによって劣化の期間は変わります。

 

5年で塗替えが必要な外壁も30年も手を加えなくてもいい素材もあります。

 

どの素材もノーメンテで、永遠にもつ外壁材はありません。

大切なのは、あなたの家のメンテンス時期を把握することです。

あなたの家の状況を確認するのが大切です。

 

家の外壁材を確認する。

外壁材によって、メンテナンスする期間は変わります。

外壁材の種類 メンテナンスの目安年数 備考
窯業系サイディング窯業系サイディング 7年〜10年 もっとも主流の外壁材
金属系サイディング金属系サイディング 10年〜15年 サビなどの劣化が発生する。
木質系サイディング木質系サイディング 7年〜10年 水に弱い、劣化が早い
コンクリートコンクリート 10年〜20年 定期的なメンテンナスで100年以上もつ
モルタルモルタル 5年〜10年 職人が少ない、業者選びに注意
タイルタイル 10年〜15年 塗装は不要だが、浮きや剥がれが起こる。
あなたの家の外壁材から、メンテナンス時期を確認しよう!

コンクリート外壁の方は、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

家に今塗ってある塗料を確認する。

塗装されている外壁では、今外壁に塗料の種類によってメンテナンス周期が変わります。

塗料名 目安耐久年数
アクリル塗料 3年〜8年
ウレタン塗料 5年〜10年
シリコン塗料 10年〜15年
フッ素塗料 12年〜20年

上記の4種類以外にも

  • 光触媒塗料
  • 無機塗料
  • 撥水材
  • ラジカル塗料
  • セラミック系塗料

種類がありますが、最近出てきている塗料が多いので

まずは基本の種類を把握していれば大丈夫です。

 

自分の家が、どんな塗料が塗ってあるかわからない

塗ってある塗料を確認する方法

  • 家の図面などと一緒に保管されている仕様書を確認する。
  • 前回塗装をしている家は、前回の見積書などを確認する。

塗料 仕様書

上の写真は、私が家の仕様書写真です。

撥水材という、コンクリート用の防水塗膜。

耐久年は3年〜7年でウレタン塗料と同等です。

仕様書がないし、見てもわからない。

新築から塗替をしていない場合は「アクリル」か「ウレタン」

塗り替え周期は5年〜10年だと思ってください。

私はお客様宅の仕様書を、何百件と見ています。

新築時から、よい塗料を塗っていることはほぼないです。

 

長くもつと思いたいですが、長くもつと思って劣化が進行するより

慎重に考えたほうが、失敗は少ないです。

塗料の種類で、耐久年数は大きく変わる。

 

 

あなた家の周辺環境を確認する。

同じ外壁材で同じ塗料を塗っていても、建物の周りの環境によって劣化は変わります。

外壁の劣化に影響する住宅環境

  • 日当たり
  • 木々や川が近い
  • 風が強い地域
  • 車や電車の振動
  • 軒がない

住宅環境すべてが影響されます。

具体的に言うと、

  • 車や電車など、振動が多い場合はクラックが発生しやすい。
  • 森や川などが近い場合は、コケや外壁の汚れが発生しやすい。
  • 軒がない家は外壁に雨が当たりやすいので、同じ外壁材の家より劣化は早いです。
うちも当てはまるけど、どれぐらい影響があるのかしら?

1邸1邸それぞれ家で、場所や環境が違います。

明確に検証されていないため「あなたの家は何年で劣化します!」と言えないです。

私は現役リフォーム営業マンとして、年100件近い家を見ていますが住宅環境は確実に外壁への影響はあります。

 

あなたの家で該当する箇所は劣化してないか、定期的にチェックしましょう。

家の環境で劣化が変わる。

家によって、劣化のスピードは違います。劣化しない状態なら塗装の必要はないです。

次のステップでは、劣化症状の確認方法を解説します。

「外壁塗装をするべき年数は何年?」詳しく知りたい方はこちらもごらんください。

 

【ステップ2】外壁の劣化症状を確認する。
症状で緊急度が変わる!

劣化症状が出たら、すぐにプロに相談しましょう。

外壁を守っていた塗料が劣化し始めると、劣化の進行速度は急速に早くなります。

劣化症状が出たら、一気に悪化

外壁を塗料で守られている状態では、劣化はほぼ気になりません。

劣化症状が出始めたら、外壁が塗膜で守られていない。

一つの症状から次の症状へと、劣化症状が連鎖的に起こります。

 

劣化症状がでているから、すぐ雨漏りする!わけではないです。

外壁の中には、一時防水とも言われる防水シートが貼ってあり。

家の中への雨水の侵入雨を防いでいます。

ですが、防水シートは最終の防衛です。

防水シートが生きているあいだに対策をしましょう。

 

塗装を「するか」「しないか」ではなく。

劣化が出始めた状態なら選択できる方法が、劣化が進むと選択そのものが出来なくなる。

選べるものが選べなくなる。

お値打ちでよい外壁塗装をすることが難しくなります。

 

劣化症状がでたら、必ずプロに相談して現状を把握することが大切です。

代表的な劣化症状を確認していきましょう。

 

外壁の劣化症状:チョーキング
【重要度:弱】

外壁を触ると手に外壁の色が付くことはありませんか?

なぜ、色が付くのか?

  • 塗料が乾燥して、粉になっている。
  • 外壁の塗料が劣化している。
  • 壁が雨水を吸っているかもしれません。
簡単にできるので、確認しましょう。

外壁材の種類によっては、チョーキングが出ない場合や出にくい外壁材もあります。

チョーキングが出ていないから大丈夫ではなく、他の劣化症状も確認しましょう。

 

外壁の劣化症状:汚れやカビ
【重要度:弱】

環境によって、カビや汚れは出やすい箇所が変わります。

北側の日の当たりにくいところに出やすいです。

これは、しかたないのでは?と思う人も多いかもしれません。

  • 塗膜の劣化で雨水などが流れていかない
  • 外壁の塗膜が劣化してきている可能性あり
  • 塗膜劣化で汚れが吸着しやすくなっている

以前は大丈夫だったのに、最近はカビや汚れが目立ってきたという方は

外壁の塗膜が、劣化して汚れが吸着しやすくなっています。

ガビや汚れは、環境で症状が出やすくなる。

 

外壁の劣化症状:コーキングの劣化
【重要度:中】

コーキングは外壁材の継ぎ目や、窓まわりから雨水が侵入しないように守る素材。

やわらかいゴム状の素材の為家が揺れた時に、外壁材同士がぶつかり損傷することも防ぎます。

ゴム状の素材で年数が経つと痩せて、割れていき剥がれていきます。

 

写真のようにコーキングが割れていると、

  • コーキング部分から雨水が壁の中に入っている可能性
  • 側面から外壁を痛めている。
  • 外壁のクラックに繋がりやすい

コーキングが劣化していると、外壁材も痛めます。

外壁材の側面は塗料が塗っていないのでコーキングが劣化すると翌面から水が入り込み、外壁材を痛めます。

一番劣化が早く、わかりやすいのでチェックしましょう。

一番多い、劣化症状

外壁の劣化症状:クラック(割れ)
【重要度:大】

『クラック』は外壁材の『割れ』のことです。

割れから外壁材の中に雨水が侵入しているかもしれません。

クラックは劣化症状としてかなり悪い状態です。

  • クラックから外壁内に雨水が入っています。
  • 外壁の反りに繋がり、さらなるクラックを発生させます。
  • クラックが大きくなると改修で出来ず張替えになります。
  • 張替えは費用が倍以上になる場合もあります!

クラックがひどくなると、塗装では修繕できなくなり。

サイディングを張り替えるか、外張りで貼っていく必要がでてきて費用が2倍から3倍かかることもあります。

クラックが出ていたら即、対応が必要!

 

雨漏りを防ぐ為の劣化症状:ベランダ防水
【重要度:大】

外壁ではないですが、雨漏りが多い箇所である、ベランダ防水。

ベランダの床はほぼ平らな状態で、わずかな傾斜で水をながしています。

そのため、角度のある屋根や壁より、水が溜まりやすいです。

  • ベランダ防水で宅内に雨水の侵入を防いでいる
  • 劣化すると、家の中に水が入りやすい
ベランダが劣化すると、雨漏りの可能性が高い!

 

注意!

防水は専任業者が必要で、漏水しやすく責任も重いので小さな塗装屋さんはやりたがらないところも多いです。

必要性や重要性が高いのと、脚立だけでは出来ない場合もあるので塗装と同時に施工するべきタイミングなら

同時にすることをオススメします。

劣化が出たらほっておいても、良くはならない

劣化症状をチェックして、状が出ていたら、選択肢があるうちにプロに相談しましょう。

次のステップでは、塗装をするために必要な要望をまとめます。

 

【ステップ3】理由と、予算をまとめる。
外壁塗装する理由は1つじゃない!

外壁塗装をする理由と目的は1つじゃないです。

理由と目的を考えて、予算をイメージすることが大!

あなたにあった、お値打ちでいい選択ができます。

 

注意が必要なのは、一番いい施工を一番安くはできないことです。

わかりやすく極端な例をだすと5,000万円する新品のフェラーリが中古車と同じぐらいの30万とかで売っていたらどう思います?

怪しいですよね。

同じように塗装も、一番いい内容を一番安くはできないです。

 

何を目的で外壁塗装をするかを決めることで

あなたの要望にあった施工ができます。

 

外壁塗装で、家を劣化から守る。

家を長持ちさせるために、外壁塗装をする。

もっとも一般的な理由だと思います。

 

今回の塗装で何年ぐらい持たせたいのか?

その目安の一つに、塗料の種類があります。

塗料の種類の目安年数はわかりやすいです。

ですが、塗料の種類だけでは、年数は決まらないです。

フッ素塗料(12年〜20年)でも、シリコン塗料(10年〜15年)より耐久年数が低い場合があります!

 

それは、

  • 下地処理
  • 塗り方

この違いで、どんなによい塗料を塗っても効果がでないからです。

 

塗料の種類は、適切に濡れる塗装業者を選ぶのが大前提です。

塗料の種類を考える。

 

機能性塗料で外壁塗装をして、住みやすい家にする。

外壁塗料も多機能な塗料が増えてきております。

  • 寒さ対策
  • 暑さ対策
  • 汚れ防止
  • 結露対策
  • 騒音対策

機能の付いている塗料が出てきてます。

どうせ塗装するなら、機能が付いていほうがいい!

そのとおりですが、

  • 値段が高くなる
  • 年数が下がる
  • 塗り方が特殊なので業者を選ぶ

など、デメリットもあります。

何が必要なのかを決めてから、業者選びに入りましょう。

 

機能性が高い塗料の一例として、最近有名で提案されていることも多い塗料

ガイナを紹介しておきます。

出典:GAINA 株式会社日新産業

機能性塗料:ガイナの特徴

  • 寒さを軽減【断熱効果】
  • 暑さを軽減【遮熱効果】
  • 騒音を軽減【防音効果】

外壁塗料で、これだけの効果があるのはすごいことです。

ですが、デメリットもあります。

  • 暗めの色が選べない
  • 厚塗りなので刷毛後が残りやすい
  • 費用が高くなる。

機能性塗料は、施工実績も少ないです。

施工経験があるかなどを確認して、施工業者も慎重に選びましょう。

塗装で家を快適にもできる!メリット・デメリットの把握をして選ぼう

 

外壁塗装で家の色を変える。

塗装をすると、外壁の色を変えることができます。

ですが、デザインのあるサイディングなどを1色の塗装をすると。

家のイメージが大きく変わってしまいます。

上の写真の様に1色塗りですとベタッと塗りましたとなり

安っぽく見えてしまい、嫌がる人も多いです。

 

解決する方法として

  • 2色塗り
  • クリア塗装

の2つの方法があります。

 

クリア塗装は、値段もそれほど変わらないです。

ですが、クリアは透明。

外壁にクラックなど劣化が出ていると、クラックがそのまま残ってしまうのでクリアでは塗装できません。

劣化が出る前に定期的に塗装する場合は、クリア塗装がオススメです。

 

2色塗りの値段は、高くなります。

ですが、色を変えることができる。

クリアが塗装できない、外壁でも対応が可能です。

色の注意事項

塗料の種類によっては、色が限られる場合があります。

外壁の色を変えたい人は塗装業者に、塗りたい色を伝えて見積もりを出してもらいましょう。

色と値段のバランスを考えよう

 

家の外壁塗装をする、周期を考えよう

外壁塗装は10年〜20年の長い周期で、塗り替えになります。

家の塗り替え周期を考えることは、塗料選びの基準にもなります。

長期もつ塗料の方が、高くても長い目で見ると得!という考えもあります。

 

塗料を選ぶときのポイントとして、

  • 何年で塗りなおすのか?
  • 何年住むのか?

を考えると、塗料の種類を選ぶ基準になります。

オススメは長持ちする塗料を塗った方がやっぱり得です!財布と相談しながらよい塗料を選ぼう。

塗り替えメンテナンス周期を考えよう

あなたが何を目的に塗装をするのか、それを決めるて伝えることも業者選びのポイントです。

次のステップでは、塗装業者を選ぶ為に必要な『業界の裏側!』を解説します。

 

【ステップ4】塗装業者を探す。
外壁塗装の業界の仕組みを知る!

外壁塗装はどの業者に依頼するかがすべて!と言ってもいいぐらい重要です。

その業者がなぜその値段なのか?を知ればあなたにあった業者を選びができます。

『業界の裏側』とも言える、仕組みを説明していきます。

 

外壁塗装をする方法を

  • 外壁塗装専門店
  • リフォーム店
  • ハウスメーカー

関わる人が少ない順に、3つのタイプに分けて解説します。

外壁塗装 業者 費用と安心

上の図のイメージのように、

  • 関わる人が多くなると、費用も安心も上がる。
  • 関わる人が少ないと、費用も安心も下がる。

それぞれのメリット・デメリットがありますので、解説していきます。

 

結論を先に言っておくと、お値打ちで安心できる外壁塗装を選ぶなら

『塗装専門店』をオススメします。

 

家の外壁塗装を『塗装専門業者』に頼む

塗装専門店 メリット デメリット

簡単に言えば、職人さんグループに直接依頼するのに一番方法です。

お値打ちに安心できる、塗装業者としては一番オススメです。

  • お値打ちにできる
  • 職人さんに頼むので、施工技術が高い

この2つが大きなメリット!

 

事業規模が小さいから

  • 施工中や施工後の倒産リスク
  • チラシや広告が少なく、探しにくい
  • アフターや保証が少ない

などがデメリットになります。

塗装業者を選ぶのは、自動車を買う時に似ています。

自動車を買うのも選択肢が複数あります。

  • 軽自動車
  • 普通車
  • 高級車

軽自動車の中にも色々種類がありますよね。

同じように、塗装専門店の中にも色々な種類の店があります。

塗装専門店がすべて『専門知識が豊富』で『施工実績が多く』『お値打ち』ではないので注意です。

『去年からはじめて、まだ施工件数は1件だけです。』という塗装専門店も

『この道20年で、地域の家はほぼ私が塗り替えています』ってベテランもいます。

塗装専門店は塗装の職人が社長の場合も多く、流れがシンプルです。

私が知ってる塗装専門店は、社長が足場も塗装もやっていました。

塗装専門店で依頼した場合の費用や、依頼する時のイメージです。

外壁塗装 塗装専門店 費用と内容

塗装専門店は必要最低限の人しか、かかわっていないのでお値打ちになります。

お値打ちにできる、塗装専門店は一番オススメ!

 

家の外壁塗装を『リフォーム店』に頼む

外壁塗装 リフォーム店 メリット・デメリット

塗装専門店を探すのが大変

思うそんな方には、リフォーム店をオススメします。

  • 外壁塗装以外のリフォームも同時に施工依頼が可能
  • あなたの家にあった、外壁塗装を提案してくれる。
  • 保証などアフター体制が豊富

CMで見るリフォーム店や「ホームセンター」「家電量販店」など、いろいろなところがリフォームをやっています。

目にすることも多く、わかりやすいです。

あなたの要望に対応しやすい方法や、保証なども充実している場合も多い。

 

だからこそ

  • 価格が高くなる。
  • 営業マンにより、提案が適切でない場合もある。
  • 選ぶ店によって、保証などの対応が違う。

サービスが増えると、価格は高くなります。

営業マンがあなたの要望を聞き見積もりを作ります。

営業マンの知識がないと、よい提案がもらえないです。

外壁塗装 リフォーム会社 費用と内容

上の図のように、リフォーム店はあなたの要望を聞いて、複数ある塗装専門店に仕事を依頼します。

リフォーム店の社員が、施工することはまずない!

リフォーム店は、あなたの家を適切に塗装してくれる業者を選んでくれ

保証をつけくれ、施工管理を重複で行い、より間違いない施工にします。

だから、値段が高くなる。

それを、納得できればオススメです。

リフォーム店は種類が多く、それぞれサービス内容が違うので注意が必要です。

  • 保証は何年だけでなく、どこまで対応してくれるのか?
  • 施工管理は何処がやるのか?

必ず確認して選びましょう。

リフォーム会社の仕組みは塗装専門業者に頼むより、あなたの手間は少なくなります。

保証や安心は増えるけど、金額はかかる。

自分の家を建ててくれた、ハウスメーカーに外壁塗装を依頼する。

外壁塗装 ハウスメーカー メリット・デメリット

ハウスメーカーはなんと言っても、安心!

  • 適切な塗料や施工方法を知っている。
  • すべて任せても、安心して対応してくれる。
  • アフターフォローもしっかりしている。

安心の量が増えると、

  • 値段がかなり高い!
塗装専門店系の3倍近い値段だった場合も、見たことがあります。
  • ハウスメーカーで付いている保証がなくなる。
  • ハウスメーカーでしか部材が手配できない。
  • 特殊な部材を使っている。

完璧な施工をするためには、ハウスメーカーに依頼するしか無い!

それでも、値段の差がありすぎる!
値段が高いから、ハウスメーカー以外で塗装する人も多いです。

外壁塗装 ハウスメーカー 費用と内容

ハウスメーカーもその会社で施工店を持っているというより、有名な塗料メーカーなどに施工を依頼しています。

塗料メーカーは契約している職人さんに依頼しています。

施工費に100万円かかる場合

塗料メーカーで30%前後かかり130万になります。

そこに、ハウスメーカーで更に50%前後かかり195万

本来の施工費から約倍になっています。

上の内容はリフォーム店でも、同じことが言えます。

プラスの値段に相当する、保証やサービス、アフターがあるかが選ぶポイントです。

ハウスメーカーは費用が高いが、安心!

どんな種類の会社に頼むか、これがわかると選ぶ幅がしぼれます。

次のステップでは、塗装業者に見積もり依頼をしていきます。

【ステップ5】塗装業者に見積もり依頼
絶対するべき3つの方法!

見積もり依頼をして、業者を選んでいきます。

外壁塗装は業者選びで、100%決まると言ってもよいです。

それぐらい、業者選びは大切です。

  • 自分の家の劣化状況
  • 何を目的として塗装をするのか
  • 頼む会社の種類

など、把握出来ていると思います。

失敗しない外壁塗装のために、必要な見積もりの取り方を3つのポイントに分けて解説します。

見積もり依頼のポイントをおさえよう。

 

その1:家の外壁塗装の見積もりは必ず!複数取る【最低3社】

外壁塗装 見積もり 複数社見積もり

外壁塗装の値段は、それぞれの家によって違います。

  • 家の大きさ
  • 外壁の素材
  • 家の建っている環境
  • 劣化状況
  • 今塗ってある塗料

さまざまな条件によって変わります。

外壁塗装の相場は、見積もりを出してみないとわからないです。

 

相場がわからずに決めるのは、

  • 高いのか?お値打ちなのか?
  • 適正な施工なのか?不適正なのか?

把握ができません。

 

相場を知るためには、最低でも3社は見積もりが必要!

そんなに見積もりを出してもらうのは手間だよ

手間はかかります。

ですが、外壁塗装で間違った選択をした場合

修復や塗装した業者との話し合いなど、金額がかかるだけでなく手間も時間も取られます。

 

実際に、リフォーム紛争センターに相談する人の71%の人が1社でしか見積もりをとっていない。

1社でしか見積もりを取らず、紛争センターへ相談する必要のある工事になってしまっている。

 

出典:公的財団法人リフォーム紛争センター

 

必ず!複数見積にて相場と内容を確認しましょう。

 

その2:外壁塗装の見積もり依頼内容をあわせる。

外壁塗装 見積もり 同じ基準で比べる

見積もりを複数依頼するときにはすべての業者に、同じ希望を伝えてください。

塗装業者によって伝える希望が違ったら、違う見積もりが出てきて比較ができない。

 

伝える内容としては

  • 予算
  • 塗装をしたいのはいつ頃か
  • 何年ぐらいもつ塗料にしたいのか
  • 気になっている箇所
  • どんな色にしたいのか

希望を予めメモしておき、同じ内容を伝えましょう。

同じ条件でも塗装業者の見積もりは、別々の値段や提案が出ます。

その違いを見るのが、塗装業者を見極める一番の方法です。

同じ条件だから、違いがわかる。

 

その3:外壁塗装の見積もりはそれぞれ別の日時にする。

外壁塗装 見積もり 日時をわける。

外壁塗装の現場確認は1時間ほどかかります。

時間を作るのは大変かもしれませんが、1社ずつ別々の時間で調整しましょう。

 

見積もりを依頼する理由は金額を比べるため、だけではなく

しっかりとした外壁塗装をしてくれるのかを、判断する重要なポイントです。

 

  • どんな会社なのか?
  • 対応はいいのか?
  • 時間は守っているか?
  • どこを見ていくのか?
  • 要望を聞いてくれるのか?

あなたの家を見る箇所や、提案内容でを見て。

一社ずつ確認しましょう。

いい外壁塗装をする業者は、あなたにあった提案をしてくれます。

現場調査を10分で終わらせた

『A社』の見積もり

 

  • 要望の確認
  • 劣化の箇所をどう施工するか
  • 足場の注意事項
  • ご近所への配慮
  • すべてして、1時間ほどかかった

『B社』の見積もり

『A社』『B社』同じ塗料で同じ値段でも、トラブルはどちらが起きやすいか明確です。

現地調査時は時間をとって、確認する価値のあることです。

現地調査は1社ずつ、時間をとって対応しよう。

 

【必見!】見積もり依頼するのにオススメの方法を紹介

外壁塗装 オススメ 見積もり方法

インターネットの見積もり一括サイトで、見積り依頼をするのはオススメの方法です。

 

近くにあるリフォーム店や、チラシの入っていた塗装屋さんで見積もりを頼むのもいいと思います。

それであなたの家をしっかり施工できる塗装業者に出会うことができるとは限りません。

 

ネットの見積もり一括サイトなら

  • 業者を探す手間が少なくなる。
  • 優良業者を選べる。
  • 第三者の会社を通す安心感

簡単にいい業者が選べる!

比較検討には最強のサービス

知らないところから電話がいっぱいかかって来て大変そう?

多くの一括見積もりサイトはそうです。

見積もり依頼までは、メールで業者を選べる『ホームプロ』ならオススメです。

  • 住宅リフォームポータルサイト10年連続利用者数 No.1
  • 厳しい加盟店基準をクリアした登録業者
  • 利用満足度90%以上

数ある一括見積もりサイトの中でも、安心のサービスです。

さらに

  • 無料で登録できる。
  • 匿名で簡単にやり取りできる。
  • 登録だけで『成功リフォーム7つの法則』がもらえる。
  • 見積もり依頼すると有料級『リフォーム虎の巻』がもらえる。
  • 契約したら無料特典で『工事完成保証』が付いてくる。

無料特典が多すぎ、やらない理由はない!

\匿名・無料でリフォーム会社が探せるホームプロはコチラ/

ホームプロ登録はコチラ

ホームプロのメリット・デメリットなどを詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

現場を見てもらい、見積もりが出揃ったら塗装業者を比較し選びます。

次のステップでは、塗装業者の選び方のポイントを解説します。

 

【ステップ6】塗装業者を比較!
選び方を解説

見積もりがそろったら、いよいよ塗装業者を選びます。

何を基準に選んだらいいの?
押さえておくべきポイントがあります!

重要な見積もり内容を比べる、ポイントを解説します。

 

外壁塗装は『値段だけ』で比べると必ず失敗します。

外壁塗装 値段 比べない

価格は非常に重要です。

ですが、値段が安くても中身がスッカスカだったら、その外壁塗装に契約する価値はないです。

 

何にどれだけの費用がかかっているのか?見ていきましょう。

見積もり内容や、現地調査時の説明を確認しましょう。

 

確認するべきポイントとして

  • 補修の方法、その費用がわかるか?
  • 塗料のメーカー、種類が明記されているか?
  • 塗る場所、塗らない場所がわかるようになっているか
  • 何回塗りを明記されている?
  • 諸経費や産廃費は適切か?
  • 追加工事がかかる可能性はあるのか?
  • 追加工事がかかる場合はどういう場合か?

上記は確認しておきましょう。

『塗装一式』のような

何をどこまでやるのかわからない、見積もりは要注意です。

細かいところを明記してある業者は、細かいところもしっかり施工できます。

値段だけで比較しない。

 

【トラブル回避に重要】外壁塗装以外の部分も確認しよう。

外壁塗装 保証や会社規模も確認

塗装業者を比べる時に、塗装内容以外も比べましょう。

塗装内容以外に、トラブルの原因があるときも多いです。

 

具体的には

  • 施工後の保証
  • 会社の規模(倒産リスク)
  • 施工の実績
  • 施工管理がはいるか
  • 施工中の写真をとってくれるか

などを確認しましょう。

 

すべて出来ていないとダメ!ではないですが、出来ている方が安心です。

値段が近い場合などは、比較する時のポイントにしましょう。

比較のポイントは塗装内容だけではない!

 

外壁塗装、業者比較の決めてはあなたの要望に答えているか?

外壁塗装 見積もり 要望が入っているか?

一番重要なことは、あなたの要望に答える外壁塗装です。

複数の見積もりを見比べて、あなたの希望を叶えているのはどこの塗装業者なのか?

 

最後にもう一度見てみましょう。

  • 予算にあっているのか?
  • 塗装の耐久年数は希望通りか?
  • 絶対なおしてほしい箇所は直るのか?
  • 気になっている箇所は改善するのか?
  • 希望の外観になるのか?

チェックしてみましょう。

不明なところは、契約の意志を伝える前に確認しましょう。

見落としが内容に家族にも確認を!

見積もり内容から、塗装業者を選べたらついに契約です。

次のステップでは、契約前の最終確認と注意事項を説明します。

 

【ステップ7】塗装業者を決める。
契約前の最終確認と注意事項!

契約前に、必ず確認をしたほうがよい箇所がありますので解説します。

 

『契約』はいくらで何をどこまでやるのかを明記した『約束』です。

契約書にサインをすると、簡単に変更できない

慎重に見直ししましょう。

 

外壁塗装の施工時の流れ最終確認

外壁塗装 施工のイメージ 

具体的に施工の流れなど、説明を受けてから契約することをオススメします。

実際に流れを説明されると、施工のイメージを想像しやすいので確認がしやすいです。

  • 匂いは気になる?
  • エアコンは使える?
  • 用意するものはある?
  • 駐車場は使える?
  • うるさくない
  • は開けれる?
  • 何時頃から工事の人はくるの?

実際に外壁塗装の施工のイメージをすると、いろいろな疑問が浮かんできます。

 

塗装業者は何十件、何百件も施工をしています。

あなたが外壁塗装をするのは、はじめてか多くても数回のはずです。

塗装業者には当たり前のことでも、あなたには当たり前では無いことも多いです。

知らないのは当然なので、少しの疑問でも確認しましょう。

疑問は契約前に確認!

 

塗装する場所と、塗装しない場所を確認

外壁塗装 塗るところ 塗らないところ 

「塗装してもらうと思っていたのに塗られなかった」

外壁塗装で非常に多いトラブルです。

 

とくに見落としがちなポイントとして

  • ベランダ
  • 雨樋
  • 戸袋
  • 門戸や塀
  • ポストなど

契約前に確認しておけば、トラブルは回避できます。

 

  • 窓枠
  • 給湯器の裏
  • 玄関ドア

など素材や条件で、塗れないところもあります。

塗るところと、塗らないところを確認!

 

支払い条件や工事期間を確認

外壁塗装 リフォーム お金のやり取り

支払い条件や工事期間を確認するのは、重要なポイントです。

外壁塗装は工事期間が長いです。

施工の内容や規模にもよりますが、2週間から1ヶ月前後はかかります。

 

『施工期間1週間』など短すぎる場合は、なぜそんなに短いのか確認しましょう。

 

支払い方法や条件は、必ず確認しましょう。

  • 前受金がいくらか?
  • 中間金がひつようか?
  • 完工金は完工後、何日後までか?

など、『いつ』『いくら』必要なのかを明確にしましょう。

前払いは、おすすめしません。

リフォーム工事の全額前払いは、非常にまれです。

塗装業者が前払いを要望してくる場合は、理由を確認しましょう

施工完了までに塗装業者が倒産した場合、一切戻ってこないです。

『工事期間の確認』や『支払い条件の確認』は重要なポイントです。

必ず確認をしましょう。

全額、前払いは避ける!

 

大切なところは契約書に残す。

外壁塗装 契約書 確認

『契約』はいくらで何をどこまでやるのかを明記した約束です。

言い換えると、契約書に書いていないことは、やらないです。

 

契約書に残さないと後で「言った、言わない」となる場合もあります。

お互いに確認をしやすいので、必ず契約書に必要な内容を書いてから、契約をしましょう。

 

【Q&A】トラブルに合う前に、
注意するべき点をまとめました。

外壁塗装をしないといけいない理由から、適切な塗装業者の選び方までを解説してきました。

ここからは、よくある質問と回答をしていきます。

 

Q1:訪問販売で、外壁塗装を契約してもいいでしょうか?

A1:訪問販売はオススメはしません。

訪問販売が違法ではないですし、悪い施工ばかりではないですが

悪い業者多いのは事実です。

必ず比べてから選びましょう。

訪問販売だけで選ぶのは、手抜き工事になったり。

割高な塗装になったりする場合が多いので、オススメしません。

 

Q2:塗装をする最適な期間は?

A2:秋と春が最適な時期です。

具体的には4月5月6月(梅雨前)9月10月11月12月(外気温5度以下では塗れない塗料もある)

業者の腕が、よければ時期を考えなくてもしっかり塗ってくれます。

調整ができるのであれば、その時期に塗装するのはオススメです。

 

Q3:悪徳業者を判断する方法は?

A2:焦らせる言葉に要注意

色々ありますが、一番注意が必要なのは「焦らせる言葉」です。

  • 今契約したら、割引します。
  • モニター価格でお値打ちになりますよ
  • 早く施工しないと、大変なことになる!

など、焦らせる言葉には注意です。

比較検討されると「都合が悪いから」だと思って間違いないです。

冷静に比較検討しましょう。

 

Q4:外壁塗装に補助金が出る?

A4:市町村によって、補助金が出る場合もあります。

あなたが住んでいる地域の市役所などのホームページで確認しましょう。

  • 断熱性能がある
  • 子育て世帯である
  • 耐震補強と一緒に施工が必要

などの条件がある場合が多いです。

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会がやっている。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和2年度版)

で調べることができます。

 

Q5:火災保険で外壁塗装ができるって本当?

A5:台風などの被害が原因の場合適応されます。

火災保険は契約の内容にもよります。

多くの場合は、火災だけでなく自然災害に対しても適応される。

台風などの風災・落雷なども適応

台風などが原因で、雨漏りをしてしまった場合などは対象になる場合があります。

保険会社に確認をしましょう。

 

よくわからない時は、お問い合わせもお気軽に

このブログでは塗装リフォームで迷っている人が、迷わず選べる内容を発信しています。

私が持っているすべての情報を書いてきています。

記事の内容で、わからないことがあるよ
気軽に、お問い合わせ下さい。

お問合せ

より有益なサイトにできればと思いますので、ご意見ご感想もお待ちしております。

2021年4月22日

\ 無料で最高の塗装業者が見つかる!/
今すぐ!おすすめサイトを見る
\ 無料で最高の塗装業者が見つかる!/
今すぐ!おすすめサイトを見る