体験談

外壁塗装は提案書がある塗装業者を選んだ方が良い3つの理由!|写真あり

2021年9月25日

どうも、こだわりが多く15社に見積り依頼してしまうほど、外壁塗装を真剣に検討中の『壁野 陽平』です。

ハウスメーカーよりお値打ちに外壁塗装をしようとして、地元の塗装業者に見積りを頼んだけどやっぱり不安。

見積り書をもらったけど、金額の違い以外の内容がよくわからない・・・

どんな値段以外に見積り書は何をみればいいの?

外壁塗装の見積り書をもらっても、いくらお値打ちでも内容がわかりにくいのは致命的です。

大金をかけて、外壁塗装をしても結果に希望の結果にないなんて・・・想像しただけで恐ろしいですよね。

そんなときに見積り書と一緒に、詳細に内容が書いてある提案書を出してくれる塗装業者もいます。

この記事では、15社に見積り依頼し、21冊の見積り書をもらった私が感じた、提案書が重要な3つの理由を解説

この記事を最後まで読めば、見やすくわかりやすい見積り書がわかります。

その結果、あなたの希望を叶えてくれる外壁塗装業者を選ぶことができます。

提案書で塗装の内容や注意事項が書いてあることは、塗装業者が施工する内容の確認にもなるので重要です。

提案書をもらって、不満のない外壁塗装をしよう!

見積り書金額で気をつけるところなどを、まとめた記事もあります。
気になる人は一緒に読んでみてください。
▶ 外壁塗装見積り21冊もらった当ブログだけが伝えれること

外壁塗装の見積りは提案書が重要な3つの理由

外壁塗装は見積り金額だけを見てはいけません。

なぜなら、同じ家に対しての外壁塗装の見積りでも内容がちがうからです。

  • 塗料の違い
  • 塗る箇所の違い
  • 足場代金の違い

などなど、色々な違いがあります。

見積り書の金額内容が気になる人は下記の記事を参考にしてください。
▶ 21冊の見積り書からわかった、外壁塗装の見積りを比較するべき項目

見積り内容の違いがあるのはわかるけど、わたしは外壁塗装にくわしくないしどこが違うのかわからない。

だからこそ、見積り書のわかりやすさや提案書が重要になります。

提案書が重要な3つの理由を解説

私がもらった提案書から、わかりやすかった提案書の内容を写真をいれながら解説していきます。

▲目次へ戻る

提案書が重要な理由:1【内容がわかる】

写真付きなど提案書があると、見積り書の内容がよりわかりやすいです。

  • どこをどう塗るのか?
  • どんな塗料を使っているのか?
  • どんな方法で塗装するのか?
  • 工事の時の注意事項はあるか?
  • ご近所への対応が必要か?

これらの内容は見積書の金額だけでは、わからない内容

ですが、外壁塗装の工事をするには知っておくべき重要なことです。

実際にもらった、提案書を見ると見積り書だけをみるより圧倒的にわかりやすいです。

\ クリックで拡大できます /

ホームプロ 業者からもらった写真提案書類
写真付きでもらった提案書類

\ クリックで拡大できます /

塗装工事でご近所さんに迷惑をかけると、工事後も住みにくくなりますよね。

足場の設置位置など、わかりやすいのは事前に話しができて助かります。

提案書を出してくれる塗装業者はわずか13.3%

わたしは15社に見積り依頼をしましたが、見積りをだけでなく提案書を作って説明してくれたのはわずか2社だけ・・・

提案書をだしてくれたり見積り内容がわかりやすい塗装業者はそれだけで検討の余地ありです。

提案書が重要な理由:2【家族で相談できる】

外壁塗装は家族全体に影響が出る工事です。

一緒に住んでいる家族はあなたとは違う疑問や不安を持っている可能性もあります。

  • 車はいつもの所にとめれるの?
  • 臭いはスゴイするのかな?
  • 洗濯物は干せるの?
  • エアコンは使えるのかな?
  • 工事の人に何か用意したほうがいいのかな?

これらの質問や疑問を残したままでは、外壁塗装の工事の時に家族内で不満がでることは間違いないでしょう。

洗濯物をほす場所とかまったく考えてなかった・・・

外壁塗装は頻繁に行う工事ではないので知らないことがあって当然です。

だからこそ、事前にしっかりわかる見積りや提案書がほしい。

提案書が重要な理由:3【証拠が残る】

塗ってもら予定だった、ところが塗られていない!

外壁塗装では非常に多いトラブルの一つです。

特に地元の塗装店に頼む場合は、値段が安くても本当にしっかりやってくれるか心配になりますよね。

  • 提案書がない見積り
  • わかりにくい見積り
  • 外壁塗装一式のようなざっくり見積り

こんな見積り書では、塗る塗らないなどのトラブルが起こって当然です。

なぜなら、塗る箇所と塗らない箇所が書いていなければ塗ってもらえると誤解します。

\ クリックで拡大できます /

内容のわかりにくい見積り

こんな見積りでは、どこまで塗るかわからない・・・

提案書でどこまでどうやって塗るか書いてあると、その内容の塗装をしてくれるという確認がとれます。

さらに、証拠がのこるのであとで塗られていなくてもハッキリ指摘でるので安心です。

\ クリックで拡大できます /

わかりやすい明細が書いてある見積書

こんな見積り明細なら、

  • 塗り場所
  • 塗る塗料
  • 塗り方(回数)
  • 塗装しない箇所(非塗装箇所)

すべてわかって、安心できます。

特殊な施工はくわしい資料を用意して、説明してくれた塗装業者もいました。

\ クリックで拡大できます /

実際にもらった外壁塗装の提案書、クラック方法の資料
実際にもらった施工内容の資料

施工内容がわからないで契約してしまうと、あとで言っても証拠がのこらないので泣き寝入りになる可能性も高い!

▲目次へ戻る

外壁塗装は注意事項がわかる提案書がいい!

外壁塗装の見積りを書をもらったときに、注意事項が書いてある塗装業者を選ぶことをオススメします。

なぜなら、注意事項はネガティブなことが多いです。

だからこそ、しっかり説明できる塗装業者は信用できるからです。

具体的に外壁塗装の施工時の注意事項として

  • 洗濯物が外に干せない
  • 家の周りを片付ける必要がある
  • 追加工事がかかる可能性がある

など、注意事項はネガティブな内容が多いです。

ネガティブな内容が多いからこそ、外壁塗装をする前には知っておくべきことです。

悪いことや嫌なことを説明しない。

いいことばかりを前面に説明し契約しようとしている塗装業者は信用できないと思います。

事前に注意事項を説明してくれる塗装業者は、見積り書に下の画像のような資料がついてくる場合が多いです。

\ クリックで拡大できます /

実際にもらった外壁塗装の提案書、注意事項の説明
実際にもらった注意事項の説明

提案書や見積書に注意事項も明記してある塗装業者を選ぶことで、失敗しない外壁塗装につながります。

いいことばかり話をする塗装業者は信用できない。

注意事項もしっかり説明してくれる塗装業者をさがそう。

▲目次へ戻る

まとめ:提案書がある内容がわかりやすい塗装業者を選ぼう!

外壁塗装の見積りは金額だけで決めてはいけません。

見積り書は金額だけでなく、内容が塗装業者によって違うからです。

見積り書がわかりにくい塗装業者も多いです。

見積り書の内容や注意事項が、わかりやすく書いてある提案書が重要です。

  • 内容がわかる。
  • 家族で相談できる。
  • 証拠がのこる。

などなど、提案書を用意してくれるメリットは大きいです。

塗装業者としても提案書を用意する手間があるので、作ってくれるだけでも真剣に見積りを作ってくれている態度が見えます。

手間がかかる分、見積りの値段が高くなるんじゃないの?

私もそう思っていましたが、実際は逆で15社中一番安い見積りを出してくれたのが提案書を出してくれた塗装業者でした。

そういういい塗装業者はどこでみつけれるの?

提案書をもらえた塗装業者はすべて一括見積もりサイトで紹介された業者だけです。

私もはじめは、チラシやタウンページなど自分で調べて塗装業者に見積もり依頼をしていましたが、値段が高く内容がわからないひどい塗装業者にしか出会うことができなかったです。

ためしに、一括見積もりサイトを使ってみたら安くていい内容の塗装業者に出会えました。

一括見積もりサイトもかなりの数があり『悪質』だと感じるサイト多数ありました。

私も使ったおすすめできる一括見積もりサイトを紹介してます。よかったら参考にしてください。

  • 外壁塗装を検討の方は必見の記事!
  • 完全無料で利用できるサイトのみ
  • 依頼したら158万もの金額差がでた!
15社の塗装業者に依頼してわかった。
失敗しない塗装業者の選び方!
  • この記事を書いた人

壁野 陽平

東証一部上場企業にて、
現役リフォーム営業(7年以上)
雨漏り診断士の資格保有
コンクリート住宅に住み外壁塗装を検討
実際に15社に見積もり依頼

\ 無料で最高の塗装業者が見つかる!/
今すぐ!おすすめサイトを見る
\ 無料で最高の塗装業者が見つかる!/
今すぐ!おすすめサイトを見る