業者選び

地元の塗装店|外壁塗装の専門業者なら安心?メリット・デメリットを解説

地元の塗装店で外壁塗装をしようと思うけど、小さい店で心配

家の近くの塗装店で外壁塗装をお願いしたいけど、いい探し方がわからない

外壁塗装はどうやって選べばいいかわからない

実は、地元の塗装店は外壁塗装の専門業者だからといって、すべて安心できるわけではないです。

  • 専門店と言っていても塗装の技術が無かったり。
  • 外壁塗装の施工期間中に倒産してしまったり。

私は、現役でリフォーム営業担当をしてます。

塗装業者と話をする機会も多く、地元の塗装店の人とも交流があります。

だから、複数の業者の違いや地元の塗装店のメリット・デメリットが解説できます。

プロフィール(壁野 陽平)

詳細なプロフィールと、コンセプトはコチラ → プロフィール

この記事では、地元の塗装店で外壁塗装をするときのメリット・デメリットを解説。

さらに塗装業者の『探し方』と『選び方』もわかります。

この記事を最後まで読んでいただければ、あなたが外壁塗装を依頼するときに気をつける点がわかり、より良い業者選びの参考になるでしょう。

結論を先に言うと、

地元の塗装専門店に、外壁塗装を依頼するのはオススメです。

一つの業者だけで決定するのはやめ、比べて信頼できる業者を選べば、お値打ちで技術力のある外壁塗装ができる。

それでは、早速解説に行ってみましょう。

地元の塗装店で外壁塗装をする、メリット

地元の塗装店で外壁塗装をするメリットは、複数あります。

  • 値段がお値打ち
  • 外壁塗装の技術力がある。
  • 施工する人の顔が見れて安心
  • 口コミ知りやすい
  • 施工中、施工後のトラブルへの対応が早い

具体的な理由などを解説していきます。

地元の塗装店のメリットは多い!

 

地元の塗装店に頼めば
お値打ちに外壁塗装できる!

外壁塗装は、100万近くかかる場合も多い費用のかかる工事だから

お値打ちにできるのは助かりますよね。

なんで、お値打ちにできるの?

それは、塗装に必要な業者だけがかかわっているからです。

大手のハウスメーカーやリフォーム店など、組織化されている企業では

塗装する人だけの費用だけではなく

  • 営業マン
  • 施工管理
  • 事務職員
  • 広告宣伝費
  • 企業の利益

など、企業が大きくなると広告費もかかります。

  • 大手ハウスメーカー
  • リフォーム店
  • 外壁塗装をやっている家電量販店

などの、テレビCMを見ることはありませんか?

その費用は、最終的に外壁塗装の金額に上乗せされてきます。

複数の人がかかわると、その分値段が30%〜50%高くなっています。

外壁塗装 費用 違い 選び方

もちろん選ぶ業者によって、金額差は違いますが地元の塗装専門店の方が、お値打ちな場合が多い。

地元の塗装専門店なら、お値打ちに外壁塗装ができる!

 

地元の外壁塗装店は
外壁塗装の技術力ある!

地元の外壁塗装店は、ハウスメーカーやリフォーム店と比べて、技術力がある場合が多いです。

理由として、その地域が同じような家ばかりではないからです。

家は、1邸1邸建てた人も外壁の劣化状況も違います。

実際に、あなたの家の周りにも

  • サイディングの家
  • ガルバリム合板の家
  • トタンの家
  • 木部が多い家

などいろいろあると思います。

それぞれ、状況にあわせて対応していく必要があるので、必然的に施工技術は上がっていきます。

ハウスメーカーなら、同じ素材の家ばかりを外壁塗装するので、施工は楽ですが技術は上がっていきません。

そのため、ハウスメーカーやリフォーム店と比べると、地元の塗装店は外壁塗装の技術がある場合が多い。

地元の塗装店は、施工技術がある!

 

地元の塗装店は、外壁塗装する人の顔を見れるから安心

規模が小さいから、実際に塗装をする職人さんが見積もり作成のための現地調査に来る場合も多いです。

実際に塗装する人と話ができるのは安心です。

なぜなら、詳しく塗装の方法を聞くことができるから

  • 塗装の方法
  • 劣化部分の補修方法
  • 塗装の時の注意事項

実際に日々、外壁塗装をしている人は補修方法なども、何をどのように塗るのか細かく教えてくれます。

ハウスメーカーやリフォーム店の営業マンだと勉強不足な人も多く、その場で答えが出なかったり、曖昧な回答をされてたりします。

実際に塗装している人の詳細な返答は安心できます。

塗装のときにいきなり職人とあうのは不安で、外壁塗装の工事前にどんな人が来るのか知りたいという人も多いです。

リフォーム店などで契約している場合

契約までは、スーツをビシッときた信頼できそうな営業マンと話をしていたのに

施工になったら、ガタイのでかい無口で話づらい人が来て不安になったという人も多いです。

施工をする人の顔が見れるのは安心です。

施工している経験で疑問への回答も早い

 

地元の塗装店なら、トラブル時もすぐに対応が早い?

地元で、近くに店舗があるのは

何かあったときに、確認にきてくれる対応の早さにもつながります。

あなたの家に確認に行くまでの距離があれば、その分の時間を作らないと来てくれないので

近いのは対応しやすいです。

組織化されている、ハウスメーカーやリフォーム店だと不具合の内容次第では、確認をするために来てもらうのにも費用をとられる場合もあります。

近くの店舗がある、地元の塗装店は対応も早い場合が多いです。

地元の塗装店はメリットが多いです。

地元の塗装店で外壁塗装をする、デメリット

地元の塗装店で外壁塗装をするメリットを紹介していきて

やっぱり、地元の塗装店がいい!

今すぐ頼もう!と思っているかもしれません。

ですが、少し待ってください。

トラブルにならないためには、メリットよりデメリットを理解することが重要です。

地元の塗装店で気をつけるべき、デメリットを解説していきます。

 

地元の塗装店には、いい業者もいれば悪い業者もいる。

地元の塗装店は、社員は数人の場合もあります。

そのため、個々の性格や考え方が、そのまま外壁塗装の施工内容に影響してしまいます。

  • 面倒くさがりで、ばれないなら、手を抜いてしまう人
  • 神経質で細かい作業も丁寧にする人

人それぞれの性格があります。

正確や施工技術は、塗ってもらわないとわからない部分も多いです。

塗装業者には、何十邸塗ってきた家の1つですが

あなたにとっては、唯一無二のマイホーム、手を抜かれたり施工不良は許せない。

ですが、地元の塗装店はすべて技術も価格もいい業者ではないので比べて選ぶのが大切です。

壁塗装の専門店を名乗っていても

値段が高くて、施工技術も悪い場合があります。

営業マンが主体で安価で『下請け』『孫請け』に仕事を投げている会社です。

「そんな会社はあるの?」と思われるかもしれませんが

お客様から実際に聞いた話では、

夜11時まで、営業マンが帰らず。しつこく契約を迫ってきた、とか・・・

塗装業者さんから実際に聞いた話では、

約150万の外壁塗装を、下請けの方は30万で施工を依頼されてきてとてもできない内容でさすがに断ったなど・・・

テレビCMなどで、名前も聞いたことがある塗装専門店でも注意は必要です。

最低3社は比べて、選ぶことが大切です。

 

地元の塗装店は
保証やサポートは弱い。

地元の塗装店は保証やサポートは弱いです。

理由は、組織化されていないので保証を付けたりすることが難しい。

外壁塗装は塗ったあと1年ぐらいでは、問題はでてきません。

3年前後で膨れてきたり、塗料がはげてきたりと下地処理不足など施工不良での不具合もでてきます。

不具合が出たときに、塗装した会社が倒産している場合も多いのが現実です。

その理由が、会社の規模が小さいと景気の影響で倒産してしまうこともあります。

  • 東証一部上場の大手ハウスメーカー
  • 従業員数人の地元の塗装店

どちらが倒産しやすいでしょうか?

会社でいざって時に蓄えているお金の額も違い、地元の塗装店は分が悪いです。

倒産リスクが高いと、長期の保証やサポートは弱い。

値段が高くても、保証やサポートを優先したい。

そんな人は、ハウスメーカーやリフォーム会社を選ぶと、安心できる部分が多いです。

ハウスメーカーが気になる人は、詳しい記事はこちらです。
外壁塗装はハウスメーカーなら値段は高いが安心!【プロが徹底解説】

事業規模が小さいと、倒産リスクも高い!

優良塗装業者の探し方

地元の塗装店で外壁塗装をすると、お値打ちで施工技術の高い施工ができます。

ですが、どこの塗装店を選んでも施工技術があるわけでないです。

比較ができないと、お値打ちかどうかもわかりません。

一番家に近い塗装店に頼んだとしても

施工不良や手抜きの塗装をされてしまう可能性もあります。

悪な状態を想定すると

手抜き塗装や施工不良をされて

施工直後はきれいな状態でも2年〜3年後に塗装がはげてしまい。

そのときに塗ってもらった塗装店に相談しようとしても、すでに倒産している。

新たに別の会社で再塗装をしてもらわないといけない状態になります。

大切なのは、比べて選ぶことです。

タウンページやチラシからではない、塗装業者を探す方法はないの?
優良塗装業者を探す方法を3つ紹介します。

 

外壁塗装をボランティアをしている業者から選ぶ!

外壁塗装を手抜き工事をしたり、 施工不良が多い業者は利益重視の傾向があります。

なぜなら、 塗装をする家の施主様のことより利益を追従してしまうと、外壁塗装に手を抜いたほうが、早く終わり人件費も安く済みます。

施工完了のチェックも手直しをするより、 そのまま完了させてた方が費用がかかりません。

非常に腹立たしいですが、塗装業界では実際に利益重視の塗装業者もいます。

 

利益重視でない業者が、最もやらないことがボランティアです。

塗装をボランティアで行う集団があります。

その名も 『塗魂ペンターズ』です。

闘魂ペンターズでは、全国で175社が登録されています。

ペンターズ会員紹介ページ→ 闘魂ペンターズ会員塗装業者

ここに登録されている塗装業者は、保育園や公園などを誰かのために、無償でも外壁塗装 をする業者です。

外壁塗装をする家に住む人のことを考えて、施工する業者でしょう。

いい塗装店でも塗装経験が浅い業者が、練習のためにボランティアしているのでは?
その可能性もあります。

次は施工実績がある業者を、見つける方法を紹介します。

 

塗料の認定工務店から選ぶ

施工技術のある塗装店を選ぶには、 塗料の認定施工店を選択する方法もあります。

塗料メーカーで認定施工店を決めている塗料もあります。

塗料メーカーも認定工務店を設定する以上『ここで塗装すれば大丈夫です』と紹介する責任があり。

そのため、塗料メーカーが確認した、施工技術がある業者が登録されています。

定塗装店を設定がある塗料、断熱塗料ガイナの製造販売元である日進工業を取材させてもらったときに

「どんな基準で認定工務店に選んでいるんですか?」と聞いたら

詳細な基準は教えていただけなかったですが、 ガイナが施工できるだけでなくて、信頼がある施工店を選んでいると教えてくれました。

「施工技術」と「信頼ある施工店」これは塗装業者を探している人も求めている施工店だと思います。

断熱塗料ガイナに関して、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

断熱塗料ガイナの効果とは!実際に起った5つの失敗例を現役営業が紹介

塗装業者選びの方法として、 第三者がチェックして選定している業者なら安心できます。

塗料メーカーと認定工務店

ほかの塗料で塗ってほしいし、加盟施工店が近くにない
そんな方には、次の方法で解決します。

 

リフォーム業者紹介サイトで
外壁塗装業者を探す。

今の時代インターネットサービスの中に、リフォーム会社紹介サイトがあります。

リフォーム会社紹介サイトも、塗料メーカーに登録されている認定加盟店と同様で紹介する責任があります。

第三者企業が責任をもって紹介する施工業者なら、間違いないです。

リフォーム業者紹介サイトは、どこがいいの?しつこく電話がなるようなサービスは嫌です。
オススメのサービスがあります。

私がオススメするのは

ホームプロというリクルートがやっているサービス

  • 利用者満足度90%以上
  • 80万人以上が利用
  • 10年連続利用者数No1

みんなが使っている実績のあるサービスです。

加盟店登録の基準も非常に厳しく安心です。

  • 資格や過去の実績、だけでなく財務状況もチェック
  • 実際に過去に施工した家に、ヒアリング調査
  • 加盟後も毎年財務状況をチェック
  • 評価や口コミを元に職人さんのマナーなど、加盟店指導もする。

外壁塗装を検討しているのであれば、無料なので見てもらって損は無いです。

見積もり依頼で今なら特典あり!ホームプロ

ホームプロの評判や口コミ、申し込みの方法まで詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ホームプロ|評判・口コミを1000件以上確認|プロが手数料も解説!

地元の塗装店の選び方

外壁塗装は業者選びが重要です。

特に大手のリフォーム会社やハウスメーカーではなく、事業規模の小さい地元の塗装店で考えている人は業者選びで、外壁塗装の内容が変わると言ってもいい。

あなたの家の外壁塗装の値段がいくらでできるのが、適切なのかは現場の状況を見て、見積もりを出してもらわないとわからないです。

相場がわからない外壁塗装を、1社だけで決めてしまうと、その1社がほかの倍の値段でもわからない。

外壁塗装以外でお金を使うときは、比べて選ぶ方が当たり前になっていると思います。

  • レストランで料理を決めるとき
  • テレビを買うとき
  • 車を買うとき
  • コンビニでお菓子を買うとき
  • 自動販売機で飲み物を買うとき

値段や商品の内容を、比べて選んでいませんか?

外壁塗装でも同じです。

知識がないから比べ方がわからない

比べ方をわかりやすく3つのポイントで説明します。

外壁塗装は業者選びが重要です。

手抜きをしたり、施工不良を起こす悪徳業者は『わからない』の弱みを利用してます。

誰でもできる方法で、わかりやすく3つのポイントで外壁塗装業者の選び方を解説していきます。

 

最重要!外壁塗装業者は
最低3社見積もりをとる。

見積もりは最低3件はとりましょう。

1社だけでは、比べることはできないです。

2社だと比べることはできますが、一般的にどっちが良いのかがわからないです。

例えば、2社見積もりを出して

  • A社は、3回塗り
  • B社は、2回塗り

で見積もりが出てきても

  • 3回塗りが通常より多いのか?
  • 2回塗りが通常より少ないのか?

わからないです。

ですが、3社であれば

  • A社は、3回塗り
  • B社は、2回塗り
  • C社は、3回塗り

と見積もりが出てきたら、B社はなんで2回塗りにしてるんだろう?となるでしょう。

最低3社は見積もりをとった方が、選びやすいです。

 

見積もりをとっていくと、見積もり内容だけでなく色々な違いが見えてきます。

具体的に私が外壁塗装の見積もりを、とったときの例を紹介します。

1社目、地元の塗装店

  • タウンワークで調べて依頼
  • 塗装のついた作業着の職人さんが現場確認
  • 見積書は複写式の手書きで提示
  • 実際に使っているローラーを、見積もり提示に持ってきて詳しく説明
  • 見積金額は 216万円

塗装業者 見積もり

飛散ネットや足場などのこだわりが強いから、安心だけどその分値段も高い。

2社目、リフォームもやっている塗装店

  • 店舗もかまえ、チラシもよく入る店舗
  • 塗装が主体だけど、リフォームもやっている。
  • スーツをビシッと着た。営業マンが現場確認
  • 見積もりができるまでに1ヶ月近くかかる(一番遅い)
  • 見積書は、劣化状態の写真も入ったわかりやすい書類
  • 説明は、塗る内容と「今やった方がいい理由」を説明
  • 見積金額は 220万円

塗装の知識より、不安をあおってくる提案。

値段は一番高かった。

 

3社目、少し遠くの塗装店

  • 隣の市の塗装店、ホームプロで選んだ業者
  • 作業着の職人さん現場確認
  • コーキング職人が別日に見に来る。
  • 見積書は1枚シンプルな見積書
  • 質問には一番わかりやすく、的確に教えてくれました。
  • 見積金額は 108万円

塗装業者 見積もり

値段が比べると安すぎて不安になりましたが、確認すると納得できました。

実際に見積もりをとってみると、

  • 見に来てくれる人
  • 見積もりの値段
  • 見積もり内容

あなたが想像している以上に、違います。

実際に金額は値段が高いところと、安いところで102万円も違いました。

1社2社だとわからないことも多いです。

もっといっぱいとったら、いい会社を探せる可能性が高いのでは?

手間を惜しまないのであれば、5社ぐらいとるのもありです。

私も実際は5社見積もりをとりました。

とわいえ、手間がかかるので、3社を目安に見積もりをとって比べましょう。

ホームプロを利用すると、見積もり依頼前に塗装業者があなたの希望に対応できるのか

メールで確認できるので、手間は少なくなって楽です。

最低3社は、比べて選ぼう

 

外壁塗装をする上でための、要望や希望をまとめる。

あなたが外壁塗装をするのはなぜですか?

  • そろそろ外壁塗装をするべき時期だから
  • 外壁の割れなど、劣化が気になるから
  • 外壁の色を変えたいから
  • 雨漏りをしてしまっているから
  • 遮熱塗料で光熱費を削減したいから

いろいろ理由はあると思います。

あまり考えてなかったです。

簡単でもいいので、考えておくとスムーズに選べますよ。

  • 10年以上は次の塗装はしなくても大丈夫にしてほしい。
  • 150万円以内の予算

など簡単でも、伝えると伝えないでは大きな違いです。

要望や希望は直接見積もり依頼するときに、伝えてください。

あなたの希望にあう見積もりが提案をされるか、それも業者を比べるポイントです。

値段を伝えると、その値段より安い見積もりが出てこないじゃないの?

少し安めの希望を伝えれば大丈夫です。

施工品質が悪くならなければ、価格は安い方がいいですよね。

私もそうです。

そんなときは、少し安く希望価格を言えばいいです。

その値段で、無理なら高く見積もりを作ってくるでしょう。

そのときに必ず、高くなった説明があると思います。

なぜ希望より高くなったのか?その説明も業者を比べる大切なポイントです。

要望・希望をを伝えると選ぶポイントができる!

 

外壁塗装業者の違いを
比べて選ぶ。

見積もりが出そろったら、それぞれの内容を比べましょう。

  • 金額
  • 塗料の種類
  • 塗るところ塗らないところ
  • 塗り方(塗る回数)
  • 注意事項の内容
  • 支払い方法

など、違いがある点や気になる点はチェックしましょう。

外壁塗装の知識がなくても、見積もりの値段の違いや項目の違いは把握できます。

違いが見つかれば、なぜ違うのか?を確認できます。

確認すると、それぞれの外壁塗装業者の強みや、悪いところが見えてくる。

際に、違いを確認してもらったことで思わぬ違いがわかったこともありました。

私は普段、リフォーム営業としていろいろな施主様と話をしますが

以前に、「ほかの見積もりのコーキングが30万円ほど安い」と相談されたことがありました。

コーキングの項目を確認いただくと、

コーキングは通常10年前後もつ、打ち替えではなく5年前後しか持たない。増し打ちだったことがわかったことがありました。

項目の値段をや記入内容を見比べると、違いがわかります。

どうしても、値段に目が行ってしまいますが

内容がまったく違う場合もあります。

違いを確認して、わからないところは確認しましょう。

違いを比較すると、値段だけでない違いが見えてくる。

まとめ:地元の塗装店は、比べて選べば安くてよい施工ができる!

今回は地元の塗装店で外壁塗装をしたときのメリット・デメリットと、外壁塗装業者の選び方を紹介してきました。

結論:地元の塗装店や外壁塗装の専門店は、お値打ちによい施工をする唯一の方法です。

ですが、比べて選ぶことをしないと、手抜き工事や施工不良をされてしまう可能性があります。

最低3社は見積もりを出してもらい、比べて選びましょう。

スマホ一つで簡単に、選べるサービスもあるので活用すればいい業者さんがみつけれる。

リフォーム会社紹介サービス『ホームプロ』などを使用すると楽に見つけることができます。

外壁塗装の劣化状況から、業者選びまで外壁塗装の悩みはこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
失敗しない!家の外壁塗装リフォーム業者の選び方|現役営業が徹底解説!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

© 2021 コンログ